仮想通貨のステーブルコイン一覧表

ステーブルコインについて

ステーブルコイン乱立の時代へ

仮想通貨市場においてステーブルコインといえば、Tether(USDT)が有名です。

Tether(USDT)の認知度は多くの仮想通貨トレーダーへ浸透していますが、一種類のステーブルコインに依存することはリスクになり得ます。

そして2018年、まさにステーブルコイン元年といえるような発行ラッシュ(発行予定含む)が起きています。いよいよステーブルコイン乱立の時代へ突入します。

ステーブルコインとは

ステーブルコインとは「仮想通貨」と「価値が安定した資産」をペッグ(連動)させた通貨のことを指します。

価値が安定している資産であれば法定通貨である必要はありません。金などの資産でもペッグは可能です。

仮想通貨のステーブルコイン一覧表

通貨名 記号 担保 備考
Tether USDT

ERC20に準拠しており、一番最初に発行された米ドルペッグのステーブルコインです。知名度と取引量は断トツのNo.1
TrueUSD TUSD ERC20に準拠しており、TrustToken社によって発行されているステーブルコイン
Circle USDC Poloniexを買収した米国のCircle社によって2018年夏頃に発行される予定。
Stronghold
USD
Stronghold社が発行し、IBM社が支援する。 Stellarのブロックチェーン上で発行される。
NuBits NBT 通貨としての価値がある「NBT」、Nuネットワークの株式として動く「NSR」、二種類の通貨がある。NSRの配当はPeercoinで支払われる。
LCNEM

NEMウォレットを開発しているLCNEM社が発行。LCNEMウォレット上でクレジットカードにより購入できる。
ZEN ZEN BCCC社が発行。再取得したZENは原則としてBCCC社が消却処理。
MUFG
コイン
三菱UFJフィナンシャルグループが発行。2018年度内に発行予定。
J Coin みずほ銀行、ゆうちょ銀行、その他数十の地方銀行によって管理されるステーブルコイン。実用化は2020年予定。
STASIS
EURS
EURS

ERC20に準拠しており、ユーロにペッグしたステーブルコイン。ロンドンの仮想通貨取引所DSXにて売買が可能。
DigixDAO DGX DigixDAOが発行するステーブルコイン。Digixのブロックチェーン上に仮想通貨と実物資産である金の取引を証明・記録。
Petro PTR
ベネズエラである国家が発行。1PTR=60ドルに設定されているが価格安定は不透明。
MakerDAO DAI


MakerDAOが発行、イーサリアムを担保にしたステーブルコイン。
Havven HAV 二重トークンを担保にしたステーブルコイン。
Basis

アルゴリズムを活用した中央銀行による安定したステーブルコイン。旧名はBasecoin。
Saga SGA ノーベル経済学者らによって発行されるデジタル通貨。2019年1月~3月に発行予定。
Reserve

ピーター・ティール氏、コインベースなど40の組織や団体が支援。500万ドルの資金調達も行われた。
Boreal BRL イーサリアムをリザーブ、保有するDCによって価値の安定化が図られる。分散型取引所のIDEXと関係している通貨。

ステーブルコインは三種類に分類される

法定通貨に連動したコイン

Tether(USDT)や三菱UFJフィナンシャルグループが発行予定しているMUFGコインがココに該当します。

連動型のステーブルコインは、仮想通貨の価格変動をほぼ影響を受けません。しかし、中央集権体制になってしまうため発行元を100%信頼する必要があります。

複数の仮想通貨に連動したコイン

複数の仮想通貨の価格に連動したコインも存在します。このような方法をバスケットといいます。

複数にリスク分散されているため安定性は高まりますが、大きな価格変動があったときは、その影響を完全に回避することができません。

スマートコントラクト発行のコイン

他のステーブルコインとは概念が違うため一般的な開発方法とは大きく異なります。

イーサリアムなどスマートコントラクトを実装した仮想通貨から、派生した仮想通貨を購入するという流れになります。

つまり、スマートコントラクトから供給量をコントロールするよう設定されているので価格が一定になりやすいのが特徴です。

100%安全なステーブルコインは存在しない

今回、紹介したステーブルコインは様々な異なったプロトコル、ペッグする資産、アルゴリズムを採用しており、それぞれのステーブルコインに特徴と懸念点が存在します。

ステーブルコインは価値が安定するように設計されていますが、100%安全なステーブルコインは存在しません。

それは法定通貨でも同じことが言えます。米ドルや日本円が恒久的な価値安定を保障されているわけではありません。

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!