仮想通貨のAurumCoin (AU)、突然の23位!上昇率は驚異の+5,749%!

2018年9月17日

AurumCoin (AU)

AurumCoin(オーラムコイン)とは

AurumCoin(Aurum =ラテン語の金)は、過去にドルが運用されていた通貨金標準システムに準拠した、金による新しい仮想通貨です。

AurumCoinの総発行枚数は非常に少なく、300,000枚しかありません。また、購入できる取引所は2018年9月現在でCryptopia、CoinExchange、Cryptohubの3取引所です。

AurumCoinが突然の暴騰劇

AurumCoinの情報をネット検索してみましたが、日本語で説明されているサイトはほとんどありませんでした。これは草コインではなく、糞コインの領域です。

そんなAurumCoinが、9月1日の日本時間19時頃、ランキングサイト・CoinMarketCapで23位に突然ランクインしたわけです。その上昇率は驚異の+5,749%

このサプライズは国内外含めて、SNS上でも話題になりました。

誰も知らないような草コインが、なぜ23位にランクインできたのか?

今回はそのカラクリを考察していきます。

AurumCoin_0902_1

AurumCoin、高騰のトリック

AurumCoinはチャートをみてもわかるとおり、出来高と注文数が極めて少ない状況でした。

23位に急上昇してきた時の出来高(厳密に言えば直近24時間の出来高)は0.85BTC(66.2万円)しかありません。

もしも、売り注文の指値が大量に入っていたのであれば、それらの売り注文を全て約定させていかなければならず、必然的に出来高は急増します。

しかし、23位に急上昇させてきた過程(出来高)は0.85BTCなのです。

ちなみに、急騰前の出来高の合計は0.597BTC分だったと考えられます。これは0.85BTC(出来高合計)- 0.253BTC(最後の約定価格)で算出できます。

急騰前のジワリジワリと上昇していく中で、売り注文のオーダーが「すっからかん」になってしまったため、最後に購入する1コインだけを現レートから大きく乖離した0.253BTC(198,353円)で注文を出し、それを約定させたことによって起きた急騰劇です。

AurumCoin_0902_2

時価総額における勘違い

時価総額は発行枚数×価格で算出されますが、全てのコインが、この値段で売れるわけではありません。

あくまで時価総額は、その時のレートに発行枚数を掛け合わせた表面上の数字に過ぎません。

なので、たったの1コインだけも高価格で約定させてしまえば、その通貨に見合わない時価総額になってしまうケースが稀にあります。

相場操縦の仕掛人は誰なのか

AurumCoinを1coin=0.253BTCの最高値で購入したのは、運営側の人なのではないか?と推測しています。

自ら高値で売りオーダーを出して、自ら購入する自作自演で一気に価格を吊り上げたケースかなと。

もしくは一般ホルダーが注文を出して、別の一般ホルダーが間違って高値掴みをしてしまった。

真相は闇の中ですが、私は前者じゃないかなって推測しています。

なぜなら0.253BTC(198,353円)の広告宣伝費で23位の枠を一定時間もらえるなら格安であり、費用対効果が抜群だからです。

事実としてSNS上では話題になりましたし、海外サイトでもそこそこ話題になってます。

さらにいえば、私もこうしてAurumCoinに関する記事を書いていたりするわけで・・・。

誰が相場を吊り上げたのか、それを深く追求するほど興味はありませんが、間違いなく知名度は上がったはずです(笑

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!