WowBit(WWB)の暴落が止まらない!日本人投資家への配慮が欠落している!

2018年10月1日

Wowoo(WWB)の暴落が止まらない!欠落した既存投資家への配慮をぶった斬る!

WowBit(WWB)

WowooとWowBit

WowooとWowBitは同じなのか?

そんな疑問を抱いている方が多いようですが、Wowooはプラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWowbitになります。

どちらでも同じ意味として通じると思いますが、WowBitと表現した方が相手には伝わりやすいかもしれません。

ちなみに、間違ってもWowooのことをWOWOW(ワウワウ)と言ってはいけません。誤釈は自己責任でお願いします。

WowBitの概要

Wowooは、コンテンツタイプのトークンプラットフォームサービスであり、感動の可視化を目指すプロジェクトです。

このWowooのプラットフォームで使われるWowBitのプレセールは、12分で完売するほどの大盛況でした。

WowBit soon to be listed!

We are pleased to announce that out of 6 global exchanges that we are currently aiming to list our native token of Wowoo ecosystem, WowBit (WWB), we have officially received confirmation from one exchange that has great impact in the industry and will be listed shortly.

There will be a campaign held for new users joining the exchange service, and we should be able to announce further about it within few days!

As we receive numbers of contacts from different projects that wishes to join the blockchain industry, we believe it is important to secure high liquidity of WowBit in our ecosystem, so that we will be able to accelerate the community and support many projects that would change our society for the better.

Kindly look forward as we will keep our community updated about listing on other exchanges too.

Wowoo Team

プレセールが行われた当時の仮想通貨市場はバブリー絶頂だったため、ADA長者を筆頭に億り人になった投資家が積極的な投資をしていました。

また、ビットコイン・ジーザスと呼ばれているロジャー・バー氏も、Wowooプロジェクトを称賛していたことが積極的な投資を後押しする形となり、結果、WowBitは多くの日本人に販売されました。

通貨名 WowBit
通貨単位 WWB
発行枚数 1,111,111,111枚
トークン NEO NEP-5 Token
発行者 Wowoo Pte.Ltd.(シンガポール法人)
公式HP http://wowoonet.com/

WowBitの暴落劇

昨年末から年始にかけて、WowBitへの期待感は高まり、有望なICO銘柄として多くの投資家が期待を寄せていたのです。

期待値は高かった、そう・・・上場するまでは・・・。

2018年5月15日、Bit-Zへ念願の上場を果たしますが、ここからは悲劇一辺倒です。

仮想通貨市場の地合いも悪く、アルトコイン、特に新規上場銘柄が大きな影響を受けることになります。

WowBitに関しては、BTC建ての下落率は95%を超え、底なしの蟻地獄は現在進行形です。

WowBitの暴落劇_下落率は95%で底なしの蟻地獄

Wowooプロジェクトは順調に進行

WowBitのチャートは底なし沼の下落続きですが、プロジェクト自体は着実に進行しており、次々と新プロジェクトが立ち上がっています。

公式サイトでは既に6つのプロジェクトが発表され、香港を中心にカンファレンスの開催も複数回行われています。

プロジェクトは前進する一方で、トークンホルダーのメンタルは後退していく、そこに大きな乖離が生じているのが現状です。

日本人投資家への発信力が極めて弱い

ココからが重要なポイントであり、私が本当に伝えたいことです。

それはズバリ、WowBitは日本人投資家への発信力が極めて弱いことです。つまり、日本語での公式アナウンスがないので日本人投資家へメッセージが行き届いていないことです。

これは多くのプロジェクトに共通する問題点であり、そのプロジェクトを支援してくれた日本人投資家への配慮が欠落していると感じています。

そのWowBitのトークン、誰に売ったんだい?

WowBitのICOでは、日本人が9割以上購入しているんです。少なくみても8割以上は日本人でしょう。

今、WowBitを保有するトークンホルダーは世界に14,900人以上いますが、その大半が日本人であることは想像に難くありません。

公式サイトへのアクセス状況

公式サイトへのアクセス状況という側面からもみてみましょう。上画像はWowBitの公式サイトへアクセスしている国別ランキングです。

公式サイトへアクセスしているユーザーは、興味を持っているユーザーと置き換えることもできます。

1位はベトナム、2位はブラジル、3位は日本、4位は韓国、5位はマレーシアとなっていますが、この中に英語を公用語としている国はありません。

とはいえ、これらの国でも英語を話せる人はたくさんいるので英語で公式アナウンスをするのは全く問題ありません。

むしろ、世界へ発信するのであれば英語での公式アナウンスは必要不可欠であり、英語での発信はすべき行動です。

ただ、足元をみてほしいんです。日本人にトークンを買ってもらって、日本からのアクセスが多いって状況なんです。

「WowBitのプロジェクトは誰によって支えられているの?」

「WowBitのプロジェクトは誰が興味を示してくれているの?」

「そして、WowBitのトークンは誰が買ってくれたの?」

英語で世界へ発信するのは必要不可欠ですが、足元を支えてくれる日本人に対して日本語で情報配信することは、それ以上に大事なことであり、そこで生まれた期待感が相場を下支えする源になると信じています。

世界を見据え、遠くを見据えるばかりで、足元がみえていないプロジェクトがあまりにも多く、日本人投資家が置き去りにされている感は否めません。

これはWowBitに限った話ではありません。MOLDやQuanta、その他たくさんのプロジェクトに共通します。

私は今までに、多くのプロジェクト関係者とお会いさせていただきましたが、全てのプロジェクトが「日本は重要なマーケットです」と口を揃えます。

その重要なマーケット、置き去りにされていませんか?

発信力とは「その情報を受け止めることができた人数」である

発信力っていうのは、字のごとく「発信する力」のことですが、私は「その情報を受け止めることができた人数」のことを指すと考えています。

例えば、100万人に対して宇宙語でメッセージを伝えても、それは誰にも伝わっていないと同意です。どんなにたくさんのフォロワーがいたとしても、それを理解できる人がいなければ意味がないのです。

「そのアナウンスはどれだけの人に伝わっているのでしょうか?」

日本人が携わっているプロジェクト、、、そのトークンをたくさんの日本人が買ってくれた、、、でも、情報発信は英語のみっていうのは正直、違和感を感じます。

プロジェクト側の方々に伝えたいこと

私のブログはそこそこのアクセス数があるので、もしかしたら仮想通貨のプロジェクトに携わっている方に読んでもらえているかもしれません。

万が一、プロジェクト側の方に読んでいただけたのであれば、日本語での情報発信を今すぐにでも採用してほしいと切に願います。これは多くの日本人投資家の代弁です。我々は情報を探しています。

もしも、日本語での配信が始まったプロジェクトに気がついた方がいればコメントください。

決して大きな影響力をもつブログではありませんが、このブログから何かが変われば嬉しいですね。それこそが真の発信力と言えるでしょう。

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!

Other

Posted by 巻尺太郎