Gate.ioが米国ユーザー向けに19種類の仮想通貨取引を禁止へ

Gate.ioが米国ユーザー向けに19種類の仮想通貨取引を禁止へ

Gate.ioが米国ユーザー向けに19種類の仮想通貨取引を禁止へ

6月12日、海外取引所・Gate.ioは、米国ユーザーに対して19種類の仮想通貨の取引禁止を発表しました。

6月30日以降、米国ユーザーは指定された仮想通貨の入金と取引市場へのアクセスが出来なくなりますが、米国以外のユーザーに影響はありません。

尚、この変更は米国ユーザー限定であり、他国ユーザーは、上記のコインの取引市場にアクセスできます。

仮想通貨取引を禁止となる19通貨

米国のユーザー向けに19種類の仮想通貨は以下のとおりです。日本人ユーザーには影響はありませんが、仮想通貨の保管はウォレットを推奨します。

また、有名な仮想通貨が多く含まれているので、Gate.ioを利用していないユーザーもどの通貨が取引禁止になっているのかをチェックして下さい。

  • 1.Bytecoin(BCN)
  • 2.Bytom(BTM)
  • 3.CNYX(CNYX)
  • 4.Decred(DCR)
  • 5.EOS(EOS)
  • 6.Gas(GAS)
  • 7.Nebulas(NAS)
  • 8.Monero(XMR)
  • 9.NEO(NEO)
  • 10.NEM(XEM)
  • 11.Ontology(ONT)
  • 12.Ontology Gas(ONG)
  • 13.Qtum(QTUM)
  • 14.Ripple(XRP)
  • 15.Tezos(XTZ)
  • 16.THETA(THETA)
  • 17.Theta Fuel(TFUEL)
  • 18.TRON(TRX)
  • 19.Waves(WAVES)

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!