アルゼンチンのミシオネス州が独自のステーブルコインの発行を計画

本記事はこちらの記事を翻訳したものです
Argentinian Province Misiones Plans to Issue Its Own Stablecoin

アルゼンチンのミシオネス州が独自のステーブルコインの発行を計画

アルゼンチンのミシオネス州が、独自ステーブルコインの発行を計画しています。

これは、最近承認された法律「ブロックチェーンおよび暗号通貨技術を用いた金融革新プログラム」が提案する目的のひとつです。

また、ミシオネス州は、その業務の多くをデジタル化するために、ブロックチェーンを使って文書や証明書を発行する予定です。

ミシオネス州がステーブルコインを発行する

アルゼンチンのミシオネス州は先週、独自のステーブルコインを発行する計画を伝えました。

これは、ブロックチェーンと暗号通貨技術の導入により、同州の構造を近代化しようとする経済計画の一環です。

この計画は、先週下院で承認された新法「ブロックチェーンと暗号通貨技術を用いた金融革新プログラム」で示されており、ミシオネス州が現在行っている仕事の多くをデジタル化することが提案されているのも特徴です。

この法律により、ミシオネス州はアルゼンチンで独自ステーブルコインの作成する最初の州となります。

このステーブルコインが発行されれば、ミシオネス州はアルゼンチンや世界の民間企業や公的機関との取引に使用できる別の金融ツールを持つことができます。

現在は、物理的に発行されている文書やその他の証明書をブロックチェーンを使って発行することも含まれています。

この法律の提案者の一人であるCarlos Rovira氏は、次のように述べています。

ブロックチェーン技術の導入は、脱ペーパー化を促進し、植物、動物、微生物のすべての種とその遺伝物質を含む生物多様性のケアのための政策に根本的な影響を与えます。

この法律のもう一人の提案者であるRoque Gervasoni氏は「暗号通貨の発明を画期的な科学技術であり、最近のデジタルおよび伝統的な経済における最も顕著な出来事の一つである」と述べています。

グリーン証書

このブロックチェーンの取り組みには、大きな環境的な動機があります。

この法律のもう一つの目的は、ミシオネス州が世界に対して行っているエコロジーへの貢献を証明するグリーンボンドの発行を支援することです。

この証明書はブロックチェーン上で発行され、地域の二酸化炭素排出量のうちどれだけがミシオネス州のジャングルに吸収されているかを、変更不可能な方法で証明します。

しかし、新しい規制では、州が独自のブロックチェーンを作成するのか、それともすでにあるブロックチェーンプロジェクトの上にこれらの取り組みを発行するのかが定義されていません。

ミシオネス州が独自ステーブルコインを発行する計画について、あなたはどう思いますか?

以下のコメント欄で教えてください。

オープンチャットで仮想通貨の情報を入手しよう

当方では気軽に参加できるオープンチャットを運営しており、億り人の大量輩出を目指しています。

仮想通貨の知識を深め、投資リテラシーの向上させることが目的なので、怪しい投資案件を紹介するグループではありません。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。参加希望者は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

億り人大作戦🌸仮想通貨
「億り人大作戦🌸仮想通貨」に参加する