Yobitが仕手行為を告知!11日の22時、どの通貨を吊り上げるのか予想してみる!

11月11日の夜、Yobitが仕手行為を告知!どの通貨を吊り上げるのか予想してみる!_1

海外取引所・Yobitが仕手行為を告知

海外取引所・Yobitが今夜、無作為で選択された10の仮想通貨銘柄に総額10BTC分の仕手行為を行うと発表しました。

今回の仕手行為は客足を誘うことが目的らしいですが、仮想通貨の取引所が仕手行為をするなんて前代未聞です。

とりあえず、仕手が行われる時間は、日本時間の10月11日22時です!

この仕手行為を、素直に歓迎するか?それとも、モラルなき行為と非難するかはユーザー次第です。

11月11日の夜、Yobitが仕手行為を告知!どの通貨を吊り上げるのか予想してみる!_2

仕手とは何か?

まず、仕手とは何なのか?

我々、トレーダーはまず、ココから知っておく必要があります。

仕手とは
仕手とは、人為的に作った相場で短期間に大きな利益を得ることを目的に、公開市場で大量に投機的売買を行う相場操縦の一種。

一般的な解釈でいくと、仕手は一般大衆を巻き込み、仕掛け人が利益を出すことを目的としますが、今回のYobitは「無作為」という表現が使われていることから、本来の仕手とは違った意味合いを感じます。

つまりは、客足を呼び込むためのお祭りイベントであり、Yobit側は利益を求めていないと・・・。

Yobitとは

Yobit側の利益を度外視したお祭りイベントが本当に行われるのだろうか?

仮に、社長の顔や名前が公開されているBinanceの企画であれば何となく信ぴょう性が高く感じられます。

それに対してYobitは謎が多いミステリアスな海外取引所です。はたして今回の仕手をお祭りイベントって発想だけで行われるのか?

万が一、この仕手イベントを定期的に開催するようになったら、その疑念は深まってくるでしょう。

いずれにせよ、この仕手イベントに裏があるのかどうかは、仕掛け側であるYobitでなければわかりません。

Yobitは、どの通貨を吊り上げるのか_1

さて、実際にYobitがどの通貨を吊り上げてくるのか、ココは気になるポイントです。

Yobitは「無作為に選択」すると発表していますが、実際には人間の判断が介入します。

まず、吊り上げてくる通貨のヒントとなるのは10の通貨に総額10BTCというキーワードです。

つまり、1つの通貨に対して1BTC前後しか仕手を入れてきません。

ということは、仕手の効果が得られる通貨は、出来高が小さい通貨に限られてきます。

Yobitは、どの通貨を吊り上げるのか_2

私は、仕手の選択基準は「出来高」だけではないと考えています。

さらに加えなければならない条件は、上場している取引所の数です。

仮に出来高が小さい通貨だったとしても、多くの取引所に上場している通貨であれば、他の取引所の価格に影響を受けかねないです。

複数の取引所へ上場している通貨を選択するよりも、Yobitへ単独上場している通貨に仕手を入れた方が、価格の吊り上げは成功させやすいでしょう。

仕手が行われる通貨は

実際、どうなるかわかりませんが、仕手に選択される通貨の条件は2つあると推測しています。繰り返しますが、あくまで推測です。

  • 出来高が小さい通貨
  • Yobitへ単独上場もしくは上場先が少ない通貨

総括

今回、Yobitが仕手を仕掛けてくるわけですが、我々、トレーダーは静観するのが無難でしょう。

Yobitは数百種類を取り扱う海外取引所であり、出来高が小さい草コインも星の数ほど取り扱っています。

この中から仕手が行われる通貨を見極めるのは困難ですし、仕手に振り回される可能性も高いです。

今夜は無理をせず、Yobitが行うお祭りイベントを外野から楽しみたいと思います。

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!