仮想通貨のIMMOプロジェクトとは何ですか?

2018年9月23日

海外サイトの記事を翻訳

このIMMOに関する海外サイトの記事を翻訳したものです。正確な記事を読みたい方は海外サイトを確認して下さい。

また、記事内容が間違っていると思われる部分は、補足説明(※)を加えてあります。

IMMOプロジェクトとは何ですか?

IMMOプロジェクトとは何?_1

IMMOに関する初期の情報は漏れており、リソースでバックアップされた安定したコインになるようです。

今週、さまざまなメディアがVitalik Buterin氏、Lon Wong氏、Simon Cocking氏、Tim Draper氏など暗号通貨の専門家が、不思議なIMMOプロジェクトに関する詳細を含む文書の一部を公開しました。

IMMOはまだ公式な声明を出していないが、この文書から得られた情報は、暗号通貨コミュニティーによって作られた初期情報であることを確認している。

IMMOが本質的な価値を持ち、限られた資源の価値を含んでいることは明らかです。それは貴金属や不動産(※1)かもしれません。

受け取った文書によれば、IMMOは、基本的かつ普遍的に認識されている価値を持つリソースに基づいて世界の準備資産となる暗号通貨として位置付けられています。

これまで、どのようなリソースがトークンの価格に含まれているかは分かっていませんでしたが、それを管理するプロジェクトの法的構造に情報が見えてきました。

IMMOプロジェクトとは何?_2

リソースの管理は、法的構造の中で信頼できる形として行われます。IMMOが信頼の伝統的な構造を完全に引き継いでいるかどうか、そしてブロックチェーンの現実においてこのモデルがどのように実行可能するかわかりません。

しかし、匿名の情報源によると、IMMOの法的モデルはBIG4と呼ばれるコンサルティング会社の1社によって確認されている。

報告によると、IMMOは実際の資産を持つ暗号資産のバンドルの安定したモデルを開発しました。

IMMOの暗号通貨は、本質的な価値を含むだけでなく、信頼を管理する権利も決定します。

さらに、IMMOの機能は技術と時間に依存せず、投資家の関心は、モニタリングと相殺システムの成立を徹底的に満たすことができます。

漏洩した文書によると、IMMOのガバナンスモデルは、暗号通貨の専門家とエバンジェリストのコミュニティ「High1000」に基づいています。

High1000は、世界中の暗号通貨業界で最も尊敬される代表者のコミュニティである「何千人もの人たち」(※2)が結集します。

High1000メンバーは、すべてのIMMOトークンの権利の保証人としてだけでなく、主要運営組織としても機能します。前述のように、この管理モデルはDAOに似ています。

High1000によってIMMOの重要な部分を決定します。コミュニティメンバーにとっては、プロジェクトの開発に積極的に参加するためのボーナスが提供されますが、現在の参加者の承認を経た後でIMMO High1000に参加することは可能です。

IMMOの正式な情報はまだ出ていませんが、IMMO.FOUNDATIONの要請により、LinkedInにはすでに従業員がいます。しかし、プロジェクトの首謀者は依然として影になっています。

メディアはIMMOの創設にロスチャイルドの関与についての噂を広めている。しかし、この噂は根拠がないかもしれない。なぜなら、当事者の誰も公式声明を出していないからだ。

おそらく、IMMOと銀行家財閥との関係についての議論は、そのようなプロジェクトがその実施に大きなリソースを必要とするという事実と関連していると思われる。

(※1)本質的な価値に不動産は含まれますが、貴金属はノーコメントです。
(※2)High1000に在籍するメンバーは1,000人です。

引用元:https://cryptovest.com/news/what-is-the-immo-project-new-leak-divulges-some-details/

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!

IMMO

Posted by 巻尺太郎