仮想通貨系のLINE@が大量にBANされている謎を解く!

2018年9月25日

仮想通貨系のLINE@が大量にBANされている謎を追う!消費者庁!

仮想通貨系のLINE@が大量にBANされている謎を解く!

多くの仮想通貨系のLINE@配信者がアカウント停止

8月28日以降、多くの仮想通貨系のLINE@配信者がアカウント停止(BAN)になりました。

多くの仮想通貨系のLINE@がアカウント停止になった理由を色々調べてみたところ、詐欺の疑いがあるLINE@がBANされているようです。

なぜ、突然としてLINE@のBAN祭りが決行されたのか?

消費者庁のアナウンス

それを紐解く鍵は、消費者庁からのアナウンスにありそうです。

消費者庁は8月28日に特定の事業者名を公表、名指しをして注意喚起しています。そして翌日も事業者名を公表、名指しをして注意喚起を行っています。

これと同じ時期に、仮想通貨系のLINE@が次々とBANされているので、詐欺の疑いがありそうなLINE@が大量に排除された可能性が考えられます。

おそらく消費者庁が、詐欺被害を拡大させないため、詐欺案件に使用されそうな配信媒体に対して呼びかけ、LINE側は該当しそうなLINE@を即BANしたのではないかと推測しています。

ちなみに消費者庁が名指しで注意喚起を行った二社は以下のとおりです。

株式会社イメージ「完全コピペビジネス」

「月収50万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

平成29年7月以降、「15分のコピペ作業で最低月収50万円!」、「月収50万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます!」などとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

消費者庁及び東京都が合同で調査を行ったところ、「株式会社イメージ」(以下「イメージ」といいます。)との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示、不実告知及び断定的判断の提供)を確認したため、消費者安全法(平成 21 年法律第 50 号)第 38 条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。また、この情報を都道府県及び市町村に提供し、周知します。-消費者庁HPより抜粋-

事業者の概要

名称 株式会社イメージ (法人番号:1013301039606)
所在地 東京都渋谷区幡ヶ谷三丁目39番12号 渋谷ウェストビル1階
代表者 吉田 夏記 (商業登記簿の代表取締役)
吉田 夏樹 (ウェブサイト上の代表者)

株式会社リードの手口
注意を受けた事業会社は「株式会社リード(代表者:熊本悠介 )」で、「藤田真一」という実在しない人物の動画で勧誘してたそうです。

「株式会社リード(代表者:熊本悠介 )」は「藤田真一」という実在しない人物で勧誘

株式会社ジパング「金と銀プロジェクト」

「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

平成30年2月以降、「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」などとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

消費者庁及び栃木県が合同で調査を行ったところ、「株式会社ジパング」(以下「ジパング」といいます。)との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実の告知)を確認したため、消費者安全法(平成21年法律第50号)第38条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。また、この情報を都道府県及び市町村に提供し、周知します。-消費者庁HPより抜粋-

事業者の概要

名称 株式会社ジパング(法人番号:5010401104377)
所在地 東京都新宿区新宿一丁目2番8号
代表者 高橋 五郎(商業登記簿の代表取締役)
田中 保彦(ウェブサイト上の代表者)

「金と銀プロジェクト」は、メールなどで勧誘してたそうです。

金と銀のプロジェクトの手口
消費者庁から注意喚起を受けた株式会社ジパング(代表者:高橋五郎、田中保彦 )の「金と銀のプロジェクト」

LINE@をBANされた仮想通貨系の配信者

この消費者庁の注意喚起と同時に、LINE@をBANされた主な仮想通貨系の配信者は以下のとおりですが、実際にはもっと大量のLINE@がBANされています。

  • しんえもん「Fintech Nations」
  • 新井隼人「ICO終焉プロジェクト」
  • 吉田慎也「Second Earth」
  • 二谷誠「160倍ICO」(旧:瀬尾恵子「160倍ICO」)

懸念される二次被害

これらのLINE@では様々なプロダクトローンチに加えて、テレグラムやMINEなどのICOの販売窓口になっていました。

ICOの販売窓口となっていたLINE@がBANされてしまったため、この配信者からICOに参加した人が連絡がとれずに困っているケースもあるそうです。

もしも、連絡がとれずに困っている人がいたら、メールやTwitter、facebook等から配信者を特定して連絡して下さい。

どうしても連絡先が判らない場合は、消費者ホットライン(188)や警察(#9110)に相談してみるといいでしょう。

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!