2017年以降、40%のICOが資金調達に失敗した

2017年と2018年のすべてのICOのほぼ半分が資金調達に失敗し、40%が100万ドル以上(1.1億円以上)を調達したという新たな研究報告があります。

調査およびコンサルティング会社のGreySpark Partners社は、過去数年間にわたってICO市場を研究し、890件ものトークン販売が全く資金を調達していないことを発見しました。

報告書によれば、対照的に743件のトークン販売は100万ドルに達することができました。

また、GreySpark Partners社は多くのトークンプロジェクトは、時間が経つに連れ、積極的な投資収益率を提供できないと指摘しています。

この報告書は、ICOData.ioとICO-Check.comのデータを2018年8月に基づいています。

ICOの先行き不安、様々な規制、市場の飽和がトークンの販売数の減少の責任があるかもしれないと言い訳をしています。

同文書には、「牽引力の欠如、製品の進歩の喪失、詐欺、執行の難しさ、市場がない、マーケティングや市場投入戦略が悪い」などの理由と技術的な理由がいくつか挙げられている。

しかし、暗号通貨ヘッジファンドは繁栄しているように見えます。

この報告書によると、9月の時点では、2018年1月の初めの減少にもかかわらず、暗号通貨に特化したヘッジファンドの数は、合計146社に大幅に増加しています。

報告書によると、伝統的なヘッジファンドとは対照的に、暗号通貨のヘッジファンドはリスクが高く、主に長いポジションから構成されています。

この分析では、暗号通貨のヘッジファンドの数が今年末までに160〜180社に増加すると予測しています。

引用:https://www.coindesk.com/report-nearly-half-of-all-icos-fail-to-raise-funds/

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!

NEWS

Posted by 巻尺太郎