パラグアイ議員、来月にビットコイン法案を提出 – 世界の暗号通貨ハブを目指す

本記事はこちらの記事を翻訳したものです
Paraguayan Lawmaker to Present Bitcoin Legislation Next Month — Aims to Make Paraguay Global Crypto Hub

パラグアイ議員、来月にビットコイン法案を提出_1

パラグアイのビットコイン推進派の議員は、パラグアイを世界中の暗号通貨投資家のためのハブにすることを目指して、来月の議会でビットコイン法案を提出すると述べています。

これは、エルサルバドルがビットコインを法定通貨にする法案を通過させたことに続くものです。

パラグアイ、暗号投資家のグローバルハブになることを望む

エルサルバドルのビットコイン法案可決に続き、パラグアイの下院議員が来月に提出するビットコイン法案に取り組んでいることを発表しました。

ハガモス党のカルロス副議長は、パラグアイがビットコインに関してエルサルバドルと同様の行動を取るよう求めています。

また、同議員はツイッターのプロフィール写真をレーザーアイに変更しているが、これはビットコインが10万ドルになることを見据えていることを意味している。

アルゼンチンの新聞社・La Nacionが、先週の金曜日に報じたところによると、副大臣はパラグアイでの暗号通貨の支払い手段としての使用を合法化するための法案を準備しているという。

この法案は、国内でのあらゆる取引をビットコインで行うことができるようにするもので、この新しい電子決済手段を利用によってさまざまな分野が促進する、と同紙は伝えている。

同議員は次のように述べています。

パラグアイでは、ビットコインを、あらゆる種類の商取引の法定通貨として使用することを合法化する法案に取り組んでいることを発表して以来、すでに様々なパラグアイ企業が参加し、新しい時代の取引に向けて一歩前進しています。

同議員は、7月に議会に法案を提出することを目指しています。

法案が準備されていることに触れ、彼は6月17日にビットコインのハッシュタグをつけて、「July we legislate」とツイートしました。

続いて、「7月14日に発表が控えている」という別のツイートもしています。

同議員は今月初め、Bitcoin.comのCEOであるリックマン氏やデジタル技術の最先端を行く人たちが協力していることを明らかにしました。

リックマンは、「パラグアイが、水力発電による再生可能で安価なエネルギーを利用して、世界中の暗号投資家にとって優しい国になるように、議会にプロジェクトを導入するために」と、同議員と協力していることを確認した。

議員は6月7日にツイートした。

ずっと前から言っていたように、私たちの国は新しい世代と手を取り合って進んでいく必要があります。その時が来たのです、私たちの時代が。

今週は、パラグアイを革新する重要なプロジェクトからスタートします。

また、パラグアイでは暗号通貨の導入が進んでいます。

同国の大手エンターテインメントグループであるGrupo Cincoは先週、24の事業部すべてで暗号通貨のBTC、ETH、SHIB、CHZを利用できると発表しました。

また、パラグアイのアスンシオンにある私立大学のコムネラ大学(UCOM)では、ビットコイン払いが可能になりました。

パラグアイでビットコインが法定通貨になったら、あなたはパラグアイに移住しますか?

以下のコメント欄でお聞かせください。

オープンチャットで仮想通貨の情報を入手しよう

当方では気軽に参加できるオープンチャットを運営しており、億り人の大量輩出を目指しています。

仮想通貨の知識を深め、投資リテラシーの向上させることが目的なので、怪しい投資案件を紹介するグループではありません。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。参加希望者は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

億り人大作戦🌸仮想通貨
「億り人大作戦🌸仮想通貨」に参加する