ビットコインの分裂騒動、新通貨誕生の裏側

2017年9月8日

2017年8月1日、ビットコインが2つに分裂した。

ビットコインの規模拡大方法をめぐる議論が続いていることを受け、
一部の関係者がビットコインキャッシュ(BCH)
呼ばれる全く新しい通貨を作ることを決定したためです。

拡大を続けるビットコインをめぐった
利権争いが噴き出した形といえるでしょう。
ビットコインが世界規模の支払いシステムになるためには、
成長に伴う問題を克服する道を避けては通れません。

一部の関係者にとっては、同様のソフトウエアを
使って全く新しい通貨を作ることが解決策になっている。

ビットコインが立脚しているのは「ブロックチェーン」と呼ばれる仕組みで、
ブロックチェーンは公開台帳によって、利用者の全取引データが保管されています。

取引が「ブロック」と呼ばれる一連のコードに追加された際は、
個々の取引を1つのブロック上に記録しなければならないんですが、
このブロックの容量は限界を迎えているわけです。

ビットコイン関係者は、ソフトウエアの規格変更を
実装することでこの問題の解決をはかりました。

規格変更には、個々のブロックに書き込める取引の量を増やす狙いがある。
これは「ソフトフォーク」と呼ばれ、新通貨の誕生につながることはありません。
一方、ビットコインキャッシュの創設は「ハードフォーク」に該当します。

創設者はブロックごとの処理量を8倍にする全く新しいソフトウエアを発表。
これによりビットコインキャッシュの取引処理能力が高速化する可能性があるんです。

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!