仮想通貨のIMMOプロジェクト、背後にいるのは誰ですか?

2018年9月23日

IMMOプロジェクト

IMMOプロジェクトの背後にいるのは誰ですか?

IMMOプロジェクトに関する大規模な投資家と暗号通貨コミュニティの紛争は現在進行形です。Ethereumの創始者であるヴィタリック氏は、このような紛争から遠ざかったわけではありません。

さらに、ヴィタリック氏はIMMOをTwitter上でIMMOの話題をあげた最初の人物です。最近ではLon Wong氏、Tim Draper氏、Jimmy Song氏、Simon Cocking氏、および暗号コミュニティの著名人たちも、意見を共有しています。

このIMMOプロジェクトの発案者は公式声明を出すことなく、明らかに匿名の状態を維持しています。小規模な投資家はIMMOの噂に基づいた推測しかできませんが、おそらく大資本の投資家は、この神秘的なプロジェクトに関する内部情報を得ているでしょう。

これは最も古い銀行財閥に関連しています。私たちは時間を費やして調べていった結果、匿名であることを約束して精通した人物から文書を入手することができました。

ドキュメントの内部

私たちは、取得した文書がIMMOによって個人投資家や財団との個人間のコミュニケーションに使用されていると考えています。

IMMOは、私たちにとって利用可能な文書の部分に従うので、IMMOは世界の暗号標準として位置付けられ、基本的な価値に基づいて通貨を予約します。IMMOは、デジタル通貨と金額の両方のお金の性質を組み合わせて、明らかに本質的価値の新しいパラダイムを提供しています。

残念ながら、私たちはIMMOの根本的な価値についての情報を見つけることはできませんでしたが、ソースから明らかなように、IMMOトークンは普遍的に認められた希少な資源によって価値が確保されています。以前の暗号通貨メディアでは、これらのリソースは貴金属または不動産であると想定していました。

これらのリソースは、時間の経過とともに財産を保存する方法として何世紀も前に確立してきた特定の法的形式である、信頼の形で「制御された内部の法的構造」を構成します。したがって、それは裕福な人々と最も豊かな財閥によって使用されました。しかし、ブロックチェーンの文脈では、これまでに信用形態が使われたことはありません。

そのため、誰も実際にどのように実行可能であると言うことができるのでしょうか。最近開催されたFuture of Fintechカンファレンスでのプライベートチャットでは、IMMOの法的モデルがBig Fourのコンサルティング会社のいずれかによって確認されていることを知りました。

われわれの情報源によれば、IMMOは法的に持続可能な暗号資産を実際のものと結びつけるモデルを開発している。このブロックチェーンに基づく法的構造の中で、IMMOトークンは信頼を制御する権利を定義します。

この文書は、「この法的拘束力のおかげで、IMMO.FOUNDATIONは技術と時間を超えて存在し続け、受益者の利益は精巧な制御と均衡のとれたシステムによって確保される」と述べている。

IMMO HIGH 1000

immo_high1000

取得された文書によると、IMMOの活動は、特別に設立された暗号通貨の専門家グループによって規制され、支援される予定です。IMMO High1000は、世界中の暗号業界の最も尊敬され認知された代表者のコミュニティである「何千人もの人たち」を結びつけるでしょう。

High1000はIMMOの価値観や概念だけでなく、IMMOの主たる権限ですすべてのトークン所有者の利益を保護することです。プロジェクト管理は既存のDAOモデルを中心に行われ、意思決定は投票システムを通じて行われます。

しかし、IMMOでの投票権が、民間投資ラウンドでトークンを購入したクジラの特権になるのであれば、どうなるだろうか?

私たちの情報源によれば、High1000は、IMMO基金のかなりの部分がこのグループの創設に割り当てられているため、プロジェクトコンセプトの主役の1つです。

High1000に入るためには、申請者は現在のメンバーによって処理された複数レベルの検証を受ける必要があると主張しています。このアクセス不可能性は、プロジェクトをサポートするために得られる暗号通貨コミュニティの将来のメンバーの高い地位と利点から生じる。

LinkedInについての簡単な調査の結果、チェコ共和国に本社を置くIMMO.FOUNDATION社を見つけました。IMMO.FOUNDATIONチームの中には、MofaFair Hossain氏、Richard Kastelein氏、Paul Scott氏などの専門家がいます。これらの人々は、おそらくHigh1000のメンバーです。しかし、プロジェクトの主なチームはまだ未公開のままです。

不確実性を排除するために、私たちはロスチャイルドに連絡を取ろうとしましたが、残念ながら連絡を取ることはできませんでした。

IMMOの背後にいるのは誰?

IMMOの背後にいるのはロスチャイルド

メディアはロスチャイルドによってIMMOの開発を広くカバーしています。しかし、独自の暗号通貨の発行に財閥の関与を証明または破棄する情報はありません。明らかに、このようなグローバルプロジェクトでは、いくつかの大きなリソースが必要になります。それにもかかわらず、IMMOの背後にある伝統的な経済の他の大きなプレーヤーが存在する可能性があります。

IMMOはプロジェクトの詳細を開示したくない可能性があります。IMMO.FOUNDATIONは公開されていない公式の声明をまだ公表しておらず、発見された唯一のウェブサイトは「IMMO」という4文字以外の情報を提供していません。

暗号通貨のニュースは急速に普及しているように見えるので、新しい洞察がプロジェクトの詳細に精通している人々に浸透すれば驚くことはありません。不思議なIMMOプロジェクトの背後にいる誰でも、新しいビッグプレーヤーが自分自身を明らかにするのを待つだけです。

引用:https://www.newsbtc.com/2018/07/16/immo-leakage-who-is-behind-the-mysterious-project/

LINE@で仮想通貨の情報を入手しよう

当方では無料で気軽に読めるLINE@配信をしています。このLINE@は仮想通貨に関する様々な情報を本音トークで配信しています。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。興味がある方は気軽に参加して下さいね。

パソコンで閲覧している方は下記のQRコードをスマホで読み取って下さい。

スマホで閲覧している方は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

仮想通貨LINE@
スマホの方はココをクリックしてね!

IMMO

Posted by 巻尺太郎