サウジアラムコ、ガスプロム、エクソンモービルがビットコインマイニングに進出

本記事はこちらの記事を翻訳したものです
Saudi Aramco, Gazprom, ExonMobile Move Into Bitcoin Mining

大手石油会社は、ガスフレアによるメタンなどの有害な温室効果ガスの排出を削減するために、ビットコインマイニングに参入し始めています。

世界銀行によると、ガスは石油生産の副産物であり、「ガス市場やガスインフラの発展を妨げる経済的、規制的、技術的な障壁により、利用できない」という理由で、しばしば捨てられています。

燃やす過程で大量のメタンが発生しますが、ビットコインはこのガスをエネルギーに変えてマイニングすることができるため、収益性の高いソリューションです。

例えば、Crusoe Energy Systems社は、シェールガスの掘削現場にデータセンターを建設し、余剰ガスを電気に変えてビットコインのマイニングに利用しています。

Vekus社は2020年12月、西シベリアの石油地帯にあるロシアの都市ハンティ・マンシースク近郊のアレクサンダー・ジャグリン油田に、ビットメイン社のAntminer S9 ASICを150台搭載した輸送用コンテナを送りました。

「不要ガスのエネルギーは、データセンターやマイニングファームに電力を供給することができます。これにより、原材料を合理的に利用する割合が高まります。ガスプロム社の子会社であるガスプロム・ネフト社の責任者であるアレクサンダー・カルムイコフは、「これは、油田からの不要ガスの輸送が採算に合わないシベリアや北極圏の遠隔地では特に顕著です」と述べています。

ビットコインのマイニングは、エネルギーを必要とするプロセスであることから、世界中のどこでも起こり得ます。もし、フレアされて完全に無駄になっているガスをすべてビットコインの採掘に使ったとしたら、ビットコインネットワーク全体のエネルギーを何倍にもして供給するのに十分な量になります。

Wise&Trustのマイニング事業責任者であるRaymond Nasser氏は、サウジアラムコと交渉中であると述べていますが、サウジアラムコが燃やすガスだけで、ビットコインネットワークの半分を賄うことができます。

「我々はアラムコと交渉しています。砂漠から出てくるオイルはすべてこの会社のものです。彼らが使っていないフレアガスはすべて公開されていますが、この会社だけで今日のビットコインネットワークの半分を “パワーアップ “するのに十分な量です」とナセルは言う。

テキサス州もガスを大量に消費する地域で、ジム・クレイマーはExonMobileがこのガスをビットコインの採掘に使い始める必要があると言っています。

このガスをエネルギーとして使用することで、炭素クレジットのコストを削減でき、さらに5%以上のガスを燃焼させた場合には罰則が適用されるため、Exonはすでに生産した分の新たな収益を得ることができ、採掘者は安価なエネルギーを得ることができ、さらには無料になる可能性もあるという点で、双方にとってメリットのあることです。

このように、ビットコインは環境を保護し、石油採掘場で発生するメタンを除去することで、環境に優しいものとなるのです。

また、誰も望んでいない遠隔エネルギーを燃やして捨てる代わりに、何千億ものエネルギーを確保して処理することができるので、非常に効率的です。

このように、油田でのビットコイン採掘は、ビットコインに投資する機関投資家のESG要件を満たす可能性があるため、どこにでもあるものになると思われます。

オープンチャットで仮想通貨の情報を入手しよう

当方では気軽に参加できるオープンチャットを運営しており、億り人の大量輩出を目指しています。

仮想通貨の知識を深め、投資リテラシーの向上させることが目的なので、怪しい投資案件を紹介するグループではありません。

もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。参加希望者は下記のテキストリンクをクリックして下さい。簡単に登録できます(^^)/

億り人大作戦🌸仮想通貨
「億り人大作戦🌸仮想通貨」に参加する